FC2ブログ
08«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»10

田舎暮らし・善とワタシの日常

http://zendog.blog41.fc2.com/

人間から情報を得る犬 

原っぱに行くと、必ずバッタ狩りが始まります。
(以前の日記) マイブームはバッタ狩り8/18→ ココ

このバッタ狩り、
“バッタが飛んだら素早く反応して飛びつくんだけど、足元にいる(動かない)バッタが見えない。”
という不利な点があるの。
その理由は、ココにある通りなんだけど、

「犬の目はもともと近視で、ピントを合わせる力が弱いといわれていますが、動くモノを見る、動体視力はすぐれていると思われる。」


そしてこのバッタ狩りにはまだ続きがあって、
最近新たに“ふ~んなるへそ”と思ったことがあったんです。

それは、

ワタシが“バッタ、ここにいるよ”と教えてあげていたら、
善はバッタを見失うとすぐに私を頼るようになった。 どこ? 

 

そんな善をみて、以前にNHKで『犬ってすごい!』という番組でやっていた
ある実験を思い出したんです。

実験の内容はこんな感じです↓
「犬がどのように人間とコミュニケーションをとるか」の研究で狼と犬を比較。
(注意)狼たちは24時間人間と接しながら飼育されています。

狼の群れを犬と同じように人間に触れさせながら育てることで2つの種を比較しようと考え、その結果多くの点で犬と似たような行動をとる狼が育ちました。
そこで実験が開始されます。
人間の動きに対して、犬と狼がそれぞれどう反応するか調べます。

《問題解決の実験》
ロープの先に肉をくくりつけ引っ張らなければ取れないようにした。
→結果は犬も狼もクリア。

そして次にロープを固定し、引っ張っても肉を取れないようにする。



(狼の場合)
狼は何とか肉を取り出そうと数分間檻の周りを歩き回り、やがて苛立ち始める。
狼は常に自分で問題を解決しようする。
(犬の場合)
肉が簡単に手に入らないことが分かると、犬はあっという間に諦めて人間に助けを求めた。

(実験の結果から)
犬は進化の過程でこうした能力を得たものだけが、生き残ってきたのだと思われる。
犬のコミュニケーション能力は狼から分かれた後に習得されたと考えられ、指示通りに動く犬を人間が可愛がった。そしてそうした犬の生存率が伸び遺伝子が引き継がれていったのでしょう。

ということでした。


 

長くなっちゃったけど、
善がバッタを見失うとすぐに私を頼るのは、

「犬は人間から情報を得る力がある。」からなんです。

単に根気がないからじゃなかったのよ。

しつけとは関係なく(←ココ大事)
犬の行動学の本なんかを読むと面白いのかもしれない。

ワンコとのコミュニケーションが楽しくなるね。


ランキングに参加しています。↓ポチッと宜しくお願いします。

FC2ブログランキング にほんブログ村 犬ブログ MIX中型犬へ

励みになります。ありがとう。





スポンサーサイト



category: 1才一ヶ月~

thread: わんことの生活 - janre: ペット

cm 4   tb 0   page top

ご訪問ありがとうございます

月別アーカイブ

カウンター♪

Anniversary